FC2ブログ

ベッドマットレスの処分

本日 夕方,処分のコイルマットレスを市内K様のお宅から引き取ってきました。

只今、マニフレックスお買い上げのお客様に、古マットレス処分のサービスを

12月末日まで行っております。

30年近くお使いのマットレス! 30年カラダを支え続けてお疲れ様でした!!という

とこですが、わたや羽毛などの可燃ゴミは、市の焼却施設へもっていけば、受け入れて

くれますが、スプリングやコイルが中に入っているベッドマットレスはお客様自身が処分

する時は1000円足らずで受け入れや,また回収のサービスまで一宮市は行ってくれますが、

我々お店がお客様の不燃マットレスを市の処分場へ持ち込むことはできず、明日、産廃業者

に持っていきます。

最近は多くの自治体でゴミの問題が大変なようです。可燃ゴミの多さも さることながら、

不燃ゴミもとても多いようです。これから年末にかけてゴミも更に多くなるようで、先日

も古わたを処分しにいったとき、ゴミの山の"巨大さ"に驚いたとこです。

個人のリサイクル分別も当然大切ですが、企業が製造段階でゴミの排出を抑えることを

してもらわないと、おっつかなくなります。

コイルベッドも同様で、鉄をさらに高温で焼いた"鋼"はリサイクルする過程も複雑で

リサイクルがしにくいという事で、最近はノンスプリングのマットレスが随分市場に

出てきています。

当店も焼却時、ほとんど有害物質の出ないマットレスをおいています。最近はお客様の

中でもエコにとても感心があり、逆に私が恥ずかしくなることもあります。

日本も環境先進国ヨーロッパの国々に少しずつ近づいているようです!



スポンサーサイト



森ふとん店ホームページへ

プロフィール

morifuton

Author:morifuton
1962年生まれ、A型、射手座。教訓にしている好きな言葉  「人間、万事塞翁が馬」
1人ひとりの体型、体重にあった寝心地のいい敷寝具。 1人ひとりにぴったり調整可能なマクラ。  1人ひとりのご要望や、お部屋の寝環境に合わせたオーダー羽毛ふとん&リフォームの製作をしています。
おかげ様で創業50年。睡眠環境診断士の資格を持つ2代目店長が、睡眠に関するお悩みを解決いたします。ベッド、まくら、ふとんなどの寝具選びでお悩みの方は是非ご相談くださいませ。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2012/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR